Search

ハワイ旅行記2017その8 パールハーバーヒストリックサイト・戦艦ミズーリ編 Hawaii Trip 2017 Pearl Harbor Historic Sites Battleship Missouri Memorial

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る

真珠湾・パールハーバーと言われればやはり訪れたくなるのが歴史記念館ですよね。真珠湾・パールハーバーは現在も軍事目的で使用されている箇所もありますが、とても1日では回り切れない巨大観光地化もされています。

パールハーバー・ヒストリック・サイトには何があるのか

単なる記念公園かと思いきや全く異なるので、少しプラプラと歩こうと思って行くととっても痛い目にあいます。非常に広く、しっかりとすべて見ようとすると一日以上かかるでしょう。

主に4つの観光地が含まれていますU.S.S.アリゾナ&U.S.S.オクラホマ記念館をはじめ、戦艦ミズーリ記念館、U.S.S.ボーフィン潜水艦博物館、太平洋航空博物館パールハーバーの4つのスポットが点在する戦争関連の観光地

  • U.S.S. Arizona / Oklahoma: ヒストリックサイトの一番の目玉ですね。撃沈された戦艦アリゾナの上にぷかぷかと浮かぶあの白い建物を訪れることができ、上から戦艦を眺めることができます。
  • 戦艦ミズーリ: Mighty Moで知られる戦艦ミズーリを見学することができます。日本が艦上で降伏文書に署名をしたことでも有名な戦艦ですね。
  • U.S.S. Bowfin: 潜水艦見学ですね。軍事マニアの方にはもってこいの見学スポットかもしれません。
  • Pacific Aviation Museum:太平洋航空ミュージアムです。ゼロ戦やフライトシミュレーターがありますね。

パールハーバー・ヒストリック・サイトへのアクセスは?

現在も真珠湾は軍事基地として使用されているため、直接それぞれのサイトへアクセスすることはできません。

そのため、一度ビジターセンターへ立ち寄る必要があり、そこからバスやボートでそれぞれの観光地へ向かうことになります。

大きなカメラやバッグが持ち込めない点が要注意

バッグの持ち込みは禁止です。しかも預けるとなると1つにつき結構な金額がとられるので気を付けましょう。

カメラに関しても、業務用の撮影機材等は禁止とのことです。セキュリティーの人が目を非常に光らせています。

とほほな感じで、コンパクトカメラを一台もって入ることにしました。

戦艦アリゾナ記念館は要予約! 予約できない場合は朝早く行く必要あり!

これは、大誤算です。なんと一番の大目玉である戦艦アリゾナのチケットが手に入らないという。。。 事前に予約する必要がありましたね。

午後ぐらいに訪れたのですが、まさかチケットの売り切れがあるとは思いませんでした。

2016年12月8日は真珠湾攻撃から75周年、安倍総理が訪れたこともあって、やはり人気だったのでしょうか。残念です。

ちなみに戦没者のための記念館ということもあり、戦艦アリゾナ記念館での撮影は一切禁止とのことです。

ビジターセンターには真珠湾攻撃の歴史が

ビジターセンターから各観光スポットへと行くのですが、ビジターセンターには歴史記念館があります。

日本がどう勢力を拡大してきたかや、浅瀬である真珠湾をどう攻撃したのかなどが模型とともに展示されています。

ゼロ戦の模型の展示ですね。

アリゾナ記念館の模型ですね。まぁ、中国にあった反日記念館の血の涙を流している写真等が展示されているわけではないので、まだいいところでしょうか。ただ、やはり少々気まずいですね。

せっかく来たので、戦艦ミズーリ記念館へ

戦艦アリゾナを楽しみにして訪れたのですが、入れなかったので戦艦ミズーリへ。ビジターセンターからバスで移動することになります。

アメリカ国旗がまあたくさん。日本でこんなに国旗を見ることはあるでしょうか。

この戦艦の大きさには驚きますね。もうカメラに入り切りません。

前の方まで行ってようやく船の全景が入ります。これは大きすぎますよ。

よく写真で紹介されるミズーリの主砲ですね。巨大です。こんなのが発射されたらさぞ爆音なんでしょうね。

広角レンズがあればなぁ、となくなくコンパクトカメラで撮影しました。

人気の観光スポットですね。様々な国から旅行客が訪れています。また、無料のツアーガイドもやっており、様々な言語でツアーさんがいました。もちろん日本語もありますよ。是非時間に余裕のある方はガイドさんからたっぷりと説明を聞いてみてくださいね。歴史を学ぶ良い機会ですよね。

戦艦ミズーリの見どころは日本降伏記念のプレート?

やはりひときわ人がたくさん集まっていたのは日本降伏記念のプレートでしょうか。降伏文書に署名したときの写真が飾られています。

降伏文書も展示されています。

みなさん熱心に写真を撮ってましたねー。私もその一人ですが。

1945年の9月2日に東京湾上で署名されたものですが、実はよく見ると空欄があるのはご存知ですか。実は、カナダの代表が署名欄を間違えて飛ばしてしまったため、再度サインをし直しているのです。うっすらと残っていますが、手書きで署名欄が訂正されているんですね。(ちなみに日本側の文書に間違えられたとのことです。緊張していたのでしょうか)

戦艦ミズーリですが、中が非常に広く、ひとつひとつ見ようとするときりがないので、時間を決めてみて回ることをおすすめします。

USA! USA! USA!という感じの記念館ですが、お時間があれば歴史を学ぶ良い機会になりますのでぜひ訪れてみてください。一日はかかるので、日程に余裕がある場合におすすめします。

 

 

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る

Related posts

Leave a Comment