Search

Samsung Gear 360レビュー その1 Samsung Gear 360 Review

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る

_53I3059

2016年は、Playstation VR、Oculus Rift、HTC Vive等、各社それぞれVR機器がそろい始め、VR元年とも呼ばれるようになりました。さて、そんな仮想現実VRをサポートするために必要なのがVR用のカメラです。有名どころでは、リコーから発売されているThetaやKodakの360シリーズがありますが、手軽に、4K画質で、なおかつ低価格という3つそろった機器がなかなか出てきませんでした。そんな中、韓国のSamsungがGear 360という手軽・キレイ・安いの3拍子揃ったカメラを発表。(日本企業が先に発売しなかったのは残念です)日本ではまだ発売時期は未定ですが、一足早く韓国やシンガポール、先日アメリカ・香港でも発売が開始されました。いち早く入手しましたので、レビューしてみたいと思います。

_53I3029

まずは、スペックから見てみましょう。

項目詳細
センサーDual CMOS 1500万画素センサー
レンズDual F2.0 フィッシュアイレンズ
解像度動画撮影時:
Dual Cam: 3840×1920 (30fps)
Single Cam: 2560 × 1440 (30fps)
静止画撮影時:
Dual Cam: 7776×3888 (30M)
Single Cam: 3072×1728(5M)
撮影モードDual Lens Mode:
Video, Photo, Time-lapse Video, Looping Video
Single Lens Mode:
Video, Photo, Time-lapse Video, Looping Video
ディスプレイ0.5インチ
外部メモリMicro SD (200GBまで対応)
通信Wi-Fi a/b/g/n/ac, Bluetooth, USB 2.0, NFC
撮影フォーマットMP4 (H.265), JPEG
対応デバイスGalaxy S6, S6 edge, S6 edge+, Note5, S7, S7 edge
PC
連続撮影時間約1-2時間ぐらいでしょうか。
重量バッテリー込みで152g
価格約35,000円~38,000円

F2.0のレンズはスペック上からすると暗いところで撮影をする際に非常にメリットを感じるはずです。また、4Kで撮影できるのはコンシューマー向けの機材では限られてくるので、このコンパクトなサイズにまとめてきたところはグッドです。お値段も他社のカメラと比較して性能がいいにもかかわらずお手軽プライスです。これはもう買うしかないと思い、発売日同日に量販店を訪れました。すると運よく棚にしまっていた1台を売っていただけることになりました。

_53I3037

さて、開封してみましょう。プラスチックでできたショーケースを丁寧に外していきます。下はボール紙でできているので、Samsungとしては安く仕上げることができますね。中から出てくるのが、コンパクトな三脚がついた本体(目玉おやじ)です。本体の大きさは結構小さいので、これであれば手軽に持ち歩くことができますね。バッテリーやらケーブル、取扱い説明書等は、中に入っています。

_53I3044

さて、中身を取り出してみますよ。こんな小さな箱にぎっしりと詰まっています。バッテリーがついていますが、チャージャーはありません。基本的にはUSB給電ということになりそうです。USBは今となっては一般的なMicro USBですね。ストラップもついていますし、グレーの布は持ち歩くための袋になっています。内面はレンズに優しいクロス仕様になっています。取扱説明書に、編集用ソフトウェアのライセンスキー、後はレンズを拭くためのペーパーも入っています。いやーこれは良心的ですね。Samsung製品を買うのは初めてですが、この価格でこれだけ入っていると確かに購入する人たちもいるということが分かります。

_53I3048

さて、カメラ本体を見てみますよ。側面に蓋がついているので、かぱっととってみると、バッテリー、マイクロSD、USBを挿すソケットがあります。バッテリーは今後取り外すことがないような気がしますが、チャージャー等も販売するのでしょうか。着脱式のバッテリーはなかなか好感度が上がります。マイクロSDは製品に付属していないので購入する必要がありますね。最大で200GBまで対応するということですが、別の記事に記載しますが、バッテリーがそもそもそこまで撮影するほど持たないので、あまり容量は必要ないかもしれません。とはいえ、Amazonや秋葉原で購入するとマイクロSDは非常に安くなってきているので、整理はあまり得じゃないという方にとっては、容量は多めに用意しておいたほうが良いかもしれませんね。蓋についているオレンジ色のゴムは、防水・防塵用です。怖くて水の中に入れるようなことはできませんが、IPX 8仕様となっており、ちょっぴり水につけるぐらいであれば大丈夫のようです。雨の中での撮影やスキーにもっていったりすることも可能ということですね。

_53I3053

さっそく充電してみます。カメラ本体に、小さいディスプレイがついているので、バッテリーの状況や簡単な撮影モード等を選ぶことができます。基本的にはスマートフォンが撮影の細かなセッティングをするために使用されるものの、小さいですが、これだけでも必要最低限カバーされており、なかなか優秀です。ディスプレイがついていないような機器よりは数倍優れていますね。また、下についている三脚はなかなかのすぐれもの。手持ちにしたい場合は、パタッと閉じることができ、ねじで固定されているので一脚やほかの三脚とも簡単に装着することができます。ストラップは、三脚側につけるようになっているので、この身に三脚から外した際には、扱いに要注意ですね。

_53I3059

さて、次回は、Gear 360の撮影性能にフォーカスしてレビューしていきたいと思います。今のところ、印象はなかなかいいですね。これがどうなるのか、辛口レビューにこうご期待。

 

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る

Related posts

Leave a Comment