Search

アデレード旅行ブログ2017その5 アデレード・バロッサバレーのワイナリー ケスラー Adelaide Trip 2017 Barossa Valley Kaesler Wines

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

アデレードで車で走ること約20分ほどで、オーストラリアのワインの約2割近くを生産するオーストラリアワインのメッカ、バロッサバレーがあります。この一帯には、大小さまざまなワイナリーが約50件ほどあり、一日ではもちろん、1週間かけても回れないぐらいたくさんあります。今回はその様々なワイナリーの中から、今回は、ケスラーワイン(Kaesler Wines)をピックアップします。

まとめ動画です:

リーズナブルでボリューミーなステーキが楽しめるケスラーワイナリー

一面にぶどう畑が広がります。このカラッとしている気候がワインに向いているのでしょうね。

今回訪れたのは、バロッサバレーにある、ケスラーというワイナリーです。ワイナリーの中には、レストランがあり、ランチタイムにはリーズナブルな価格でおいしいステーキを出してくれます。

おしゃれな入口ですよね。こんなお店なかなか日本ではお目にかかれません。外国に来たと実感できますね。

どこか別の世界に引き込まれそうですね。

レストランとワインをテイスティングできる場所は別々にあります。レストランは、少し離れたところにあり、ステーキハウスとして大きな看板が目印です。

いかにもおいしそうなステーキハウスですよね。いい雰囲気出しています。

レストランの中は落ち着いた雰囲気で、オールドファッションなところがいいですよね。

あまり座席数は多くないので、予約は必須です。

テラス席もありますが、この日は少し肌寒かったので中でお食事することにしました。

 

ランチタイムのステーキとワインは食べごたえあり!

この時は、4人で訪れましたが、赤ワインのボトルを一本置いていってくれました。赤ワインのお味はこの金額で出してもらえるとは思えないですね。

さぁ、お待ちかねのステーキですよ。見てくださいこのサイズ。もう食べきれないぐらいのオージービーフです。

赤ワインとステーキなんて無敵の組み合わせですよね。

牛肉のほうは海外のビーフならではの肉の味がたくさんしており、食べごたえがあります。

 

ステーキを思う存分食べた後は、ワインのテイスティングを楽しむ

もうおなかいっぱいで動けないというぐらいのボリュームのステーキを楽しんだ後は、ワイナリーでテイスティングをしましょう。

ワインのテイスティングができる建物は、レストランの建物とは別で、この大きな建物になります。

ちょっとしたおしゃれなぶどうのロゴがお出迎えです。

中に入ると、たくさんのボトルがお出迎えです。さぁ、たくさん飲める気がしてきましたよ。

テイスティングだというのに、酔っぱらう気満々です。

ワインのリストは以下の通りになります。一番下の4本は有料で一人当たり20ドル追加料金が発生しますが、それ以外はただ。テイスティングですが、たくさんたっぷりとついでくれます。

もうワイン・お酒好きにはたまらない環境です。

確かにテイスティングでたくさん飲めるのですが、飲みすぎにはご注意ください。バロッサバレーにはたくさんのワイナリーがありますので、1件でヨレヨレにならないことが重要です。

赤ワインや白ワインなどたくさん飲ませていただきました。ぶどうの種類でこんなにも味が違うとは、やはり奥が深すぎますね。

なかなかワイナリーでテイスティングと聞くと、それなりに事前勉強が必要な感じはしますが、オーストラリアの方々は皆さんとっても親切。

英語が伝わらないことが分かっていても、なんとか伝えようとしてくれますW

テイスティングをした後は、必ず購入しなければならないというわけではありませんが、程度の問題でしょうか。

たくさん飲んだ挙句に何も買わずに帰るというのもなかなか良心が痛むものです。ただもちろん、おいしいと思わなかったら買う必要はありませんよね。

一番かわいそうなのは、運転手ですね。テイスティングはできませんし、ほかの人たちが飲み終わるのを待っていないといけませんし。いやーすみませんと酔っぱらった口調で言われても困りますね。

ご予算に余裕がある方は、20ドルを払ってぜひ高級ワインを楽しんでみてください。このケスラーは、The Old Bastardというワインが有名だそうですよ。

 

ステーキもおいしい、ワインもおいしい、なかなかおすすめのワイナリー

おいしいランチとワインが楽しめるケスラーは、なかなかおすすめです。

メジャーなワイナリーではありませんが、お時間がありましたら是非訪れてみてください。

きっと満足できると思いますよ。

 

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

Related posts

Leave a Comment