Search

アデレード旅行ブログ2017その7 アデレード・バロッサバレーのワイナリー ロックフォード Adelaide Trip 2017 Barossa Valley Rockford

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

バロッサバレーのロックフォードと聞くと、あまり馴染みのない方が多いかもしれませんが、実は、オーストラリアのワイナリーの中では、非常に有名で、前回ご紹介したペンフォールズ(Penfolds)のGrangeに加えて、ヘンチキ(Henschke)のHill of Grace、そしてこのロックフォード(Rockford)のBasket Pressが3大シラーズワインになります。なかなかワイン専門店で取り扱うところがなく、レストランやロックフォードのお店等でしか見かけることができない希少性ありのワイナリーです。

まとめ動画です:

 

ワイナリーらしい外観

前回取り上げたペンフォールズと異なり、これぞワイナリーといった雰囲気が出ています。

看板がおしゃれでいいですね。営業時間は、11時から5時までですので、お気を付けください。

中へ進むとガチムチのお兄さんが何やら作業をしています。なんと、ワインを作っているところがすぐそばで見れるんですね。

ワインといえば、ぶどうですよね。こんなにたくさんの葡萄を使って作るんですね。若干汚らしいですが、ここからおいしいワインができるようです。

 

ワインセラーは薄暗いオールドテーストな雰囲気!

さっそくワインセラーへ入ってみましょう。なかなか歴史を感じるつくりになっています。

天井を見上げれば、ワインの樽がたくさん並んでいます。何年物でしょうか。相当古そうに見えます。もちろん中身も入っているそうですよ。

 

お楽しみの試飲にはバスケットプレスも入っていますよ!

皆様お待ちかねの試飲タイムです。もう飲みすぎてしまって半分味がわからない状態ですが、有名なバスケットプレスを飲まなければと思い頼みました。

表面は白ワインが多く、裏側に高級ワインが並びます。

バスケットプレスは、樹齢60年から100年以上のものまで、最高のシラーズを集めて作られるんだそうです。

ワイン好きというわけではありませんが、確かにおいしかったですね。また、雰囲気がずるいですね。

そしてこちらはまた一風変わったシラーズ100%のスパークリングワインです。ロゼワインというよりも、濃い赤ワインがはじけるようなイメージですね。

これまた入手困難なワインだそうですが、個人的にはあまり好みではありませんでした。ただ、試せるところは非常に少ないので、ぜひここを訪れたら飲みましょう。

 

高いクオリティの割にはリーズナブルなワインが目立つロックフォード

あまり知名度が高くないからでしょうか。お値段は結構抑えめなのがうれしいところです。

是非ロックフォードを訪れたらバスケットプレスとブラックシラーズを試飲してみてください。

ワイナリー巡りはまだ続きます。

 

LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る

Related posts

Leave a Comment